5/22

新婚旅行までイタリアはとっておくと豪語していたのを破ってイタリアだけど、そんなに全部共有できるはずもないのでとても正しい選択だったと思える。 ミルフォードトラックとか行きたいな。オーロラも見に行きたいけど、寒いところは苦手だからあったかいと…

5/21 冴えない美大生

どっかの冴えない美大生みたいだと言われる。2時間くらいは頑張れるかな。でもすごく眠い。6月はあんま給料あげたくない、税金上がるから。頑張ったふりでもいいかな。やだな。

5/20 死にそう

ああもう、絶対無理だわたしの人生はいま最も恐ろしい大きな何かを抱えてしまったもう戻れない安心などどこかへきえてしまった恐ろしい恐ろしい、たとえば目には見えない二つ目の心臓のような、大きな何かを 死にたくないのに生きる理由を他人に預けてどうす…

5/4 向いてない

明るくないわたしは明るくないまま意識を飛ばす。飛ばした意識で受け取る感覚だけを信じる、残る虚しさ、空洞。時間がものすごく、ゆっくりになったり早くなったりする。自分も何もものすごくいい加減になって、どうでもよくなっていく。そういう自分でいな…

5/1 10bc

すっかり弱くなってしまって全然進まない。21時頃遊びに行って、ヒール上がんないて笑ってたらみんなそれデッドでとってる言われて飛んだらたしかに指が触った。 ハイボルダーのビレイしてくれるというので久しぶりにロープを登らせてもらった。しばらく見て…

5/2 つまんなかった

張り付いたいつもの自分の笑った顔が頭の上に浮かんでた。笑顔も、相槌も、神経経路の運動だ。 お風呂場にヤモリンがいる、と言うので手袋つけて救出。素手ではくすぐったいから。キューキュー鳴いて嫌がるのが可愛かった。手の上に乗ったら子どものヤモリン…

4/26 四つ打ち

自分だけ我慢してるとは思っていなかったけど、すごく仲良しそうにしてたおばちゃんが、もう限界ですってトイレで話して聞かせてくれた。そのひとが話してくれたのも嬉しかったけど、我慢してるのわたしだけじゃないんだとわかって安心した。 そのあとマネー…

4/24 東京の宗くん

東京で宗くんに会えたみたいな錯覚。いろんなひといるけど、だいたいみんな同じだ。偉かったり、偉くなかったり、お金もってたり、もってなかったり。でもだいたいみんな言うことは同じだ。わたしが同じことしか言わないから、返答も感覚も、神さまが定型化…

4/24 相槌の限界

相槌のバリエーションと自分の声に限界を覚えた。自分の話なのに、遠い国の誰かの話みたいだし、わたしの話なんかほとんど嘘ばっかりで、その子のことは大好きだけど、ほんとは考えていたいことがたくさんあるから、映像みたいなのとその子の声と笑顔と、見…

4/23 直感

直感を信じるか疑うか、の話 理性(倫理観)、打算、感情、本能、全くの完全の無意識(寝てるのと同じみたいな) 無意識の幸せ、心の底から気楽でいていいこと。刺激と安心の均衡。蜘蛛の子どもを助けたら日焼け止めが目に染みた。ほかほかした庭の、犬の隣…

4/21 踏み抜き

雪が真っ白で踏み跡も消えてて、きれいなまあるい稜線をざくざく歩いた。暑かったり涼しかったり気持ちが良かった。雪目になって空が群青、ときどき踏み抜き。ヘラヘラ笑いながら、辛いけどあんまり辛くない。でも腰が痛くなって、景色にも飽きて、すこし戻…

4/20 めんどくさい

心にないことを言葉にするのはとても消耗する、全力で魂をすり減らすような傾聴しかわたしにできることはなかったのだと、いつか死んだときに神様に会えたら、そんなことを話したい。 できることとできないことがあって、どうせ必要ないから、必要かどうかは…

4/19 オール電化

山に夜着いて、すれ違ったひとに暴言を吐いてしまって、家に帰って寝ていたら窓ガラスいっぱいの大きな車が入ってきて、ドアを開けようとガタガタしている。きっとあの時暴言を吐いた人が怒ってやってきたんだと思って慌てて鍵をかけた。110番しようとしても…

4/12 どぶどぶする

いつもの、あの、どぶどぶしたところに手を突っ込んで、なんだかわからないもののなかから、いちばん綺麗な言葉を取り出そうとして必死になってる気分だ。いちばん綺麗なやつあったよ、わたし間違ってなかったんだよ、って言いたい。でも全然いいのが見つか…

4/6 嘘と熱

自分の頑固さが嫌だ、少し浮かれてたのも恥ずかしい、どうせどうせのわたしが、どうせどうせで、こんがらがって言葉にならなくて、うやむやになって、結局何にもなれなかった。素直になれなかった。頭の中が混乱して、なにが本当なのか全然分からなかった。 …

4/5 言い訳

てろんてろんに酔っ払って好きな音楽がゆらゆらして、手も足も邪魔っけで頭のてっぺんがどっか飛んでって、脳みそじゅわじゅわいうの聴きながら死ぬほど寝たい。頼まなくても血液とリンパは変わらず循環して細胞は生まれ変わって呼吸は続く。わたしはなんて…

4/2 手縫いの指先

そんなの泣いちゃうに決まってるよなぁって、思ったらもうだめだった。お人形の視線の先を追っては、何もない空間に存在しているなにかを想像して泣いてしまった。情緒、叙情。人を殺せるくらいのノスタルジー。むくむくと湧きまくる母性。 子どもだったわた…

3/27 薬と性格

お薬で人間が変わるわけではないんだ、当たり前なのに、性格とかまで、すごく変われたりすごく頑張れるんじゃないかと考えて期待してしまう。 何が大切なのと聞いたら、わからないと言われた。ひとの心の痛みなんかこれっぽっちも理解しないんだろうか。それ…

3/22梅干しの種を抜く

トイレットペーパーの芯を抜く。お菓子の箱や袋は必ず捨てる。食べる回数と日数を計算して、食べることを当たり前のこととして空気に触れさせていく。歩くために捨てる。 長く歩くことは潔いことだし、自分ごと逞しく大きくなった気持ちになる。明日も明後日…

3/20 本気

どうしようもないですよねって言いながらも言葉は止まらなくて、止まらない言葉ついでに全力の拗らせと中二病を発揮した。本気で死にたいと思ったことないひととは仲良くなれないとか、そんなこと言ったあと、普通のひとは、本気で死にたいやつとなんか仲良…

3/20 くそくらえ

くそくらえって本気で思ったけどちゃんとお世辞言ったよ、そういうわたしが偉いんだよ。だってわたしは偉いんだよ。 普通にしてたいんだよ、普通にしてたいんだよ、普通にしてたいんだよ。苦しくなく、毎日や人生を終えたい。意識しないと普通にできないわた…

3/18 トレース

地図なんかいらないし、絶対に滑落もしない。きれいに切られたトラバースの斜面とか、心強すぎるトレースとか、空が青くて雪が真っ白で、怖いものなんかひとつもなくて、みんな幸せそうだった。悲しいことなんか一瞬も思い出さなかった。あと体力が戻ってき…

3/14 失神

失神てなんでだ、神さま?女の子が席を譲ってくれた。有り難かったけど声が出なかった。限界きてから寝ると体がどっかいってなくなっちゃうみたいに感じる。はやく定年したい。できたら45歳くらいがいい。わたしなんかより長く生きるべきひとはたくさんいる…

3/13 ダビンチより普通にミケランジェロが好き

イタリアいつか行くだろうと前にブックオフで買った大きなミケランジェロの本を開いてたら、当たり前だけどラファエロもダビンチもドナテロもティツィアーノも載ってる。ほんとにここ行くのか〜と思ってわくわくしてたら夜更かししてしまった。 ミケランジェ…

3/12 ピエタ

わたしの体や心がずっと健康なら、きっと来年も再来年も、どこにだって行けるはず。たいしたことはできないけど、たいした人間にはなれなかったけど、少ない誇りやプライドや、いろんなものを保ったり保てなかったりしながら生きている。 身近な誰かが望むな…

3/12 生まれる前

わたしが生まれる20年以上も前に、国立西洋ではモローとかルオーとかやっている。当たり前か。当たり前だけどなんかすごい。当たり前なんだけど、わたしの生きてる今や今日は、とんでもない奇跡の積み重なりで、わたしの思う今や今日は、間違いなくたくさん…

3/12 なむなむ

知らないおじさんの古ぼけたコートのしつけ糸が気になった。どうでもいい男の子の耳の毛とか、岩で削れた自分の爪とか、どうでもいいんだけど、誰かに言いたい。 すごく面白いイタズラを思いついたのに、大人だからやっちゃだめだと言われた。大人だから笑わ…

3/8 土に埋もれる

薬のせいで、席に着いた時点で既に眠くて、嘘をつかないで話していた。言葉や心が土に埋もれていくようだった。その女の子がわたしに優しくしてくれようとしていることはなんとなくわかったので、なるべく穏やかに相槌を打ってあげた。その子の生きてきた人…

3/6 とりあえずいま

わかるのは、いまはとても混乱していて、どうしたらいいのかわからないことで、整理がつかなくてとても戸惑っていること。 プレゼン力強化の成果が発揮されてしまう。視線がZに動く、奥の男の子の目も見ちゃう、ボディランゲージが無駄、話し言葉が無駄に穏…

3/2 正しさ

わたしは今まで、丁寧に誠実に生きてきたんです、少なくとも誠実に生きようとしてきたんです、わたしはこっち側ですっていうこと。でもやっぱり何が正しいか今も迷うことがあって、時々こんなふうに失敗もあるんだけど、なんとか気持ちを込めて正当化してた…