読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいこと49やなこと51の比率

今日1日で、ああいま気分がいいなと思った瞬間が、一瞬だけあった。14時ちょっとだったか、書類の束がすこしだけ片付いて、自分の席に座ろうとしたとき。電話が鳴ったら、覚めてしまったけど。

 

窓の外に、丹沢の裾野がすこしだけ見える。遠くにぼんやり霞んで、ビルに日差しがさして眩しかった。風を感じるとき人は勇気を感じるというけど、光を感じるときは、なんなのだろう。

 

自分がどんな顔をしているかとか全く興味がなかった。はやく終わらせて、はやく帰りたかった。検印しても、検印しても、どんどんと積もる書類たちにみんなうんざりしていた。

 

下請けの子会社のお姉さんに、電話で、それすごくすごく大変ですよね、忙しいと思うからまた今度でいいと伝えたら、大変じゃないから大丈夫だと笑ってくれた。いろんなことが嫌になったけど、適当に誘った友達と遊べることになった。疲れて机にじとーっとしていた。まん丸に丸まった背中のうえに、なにやら空気やホコリやため息や電話のベルが、ついついと素通りしていく気配がした。契約書はどんなに読んでも、夢と混ざって、ちっとも進まなかった。