12/19 ループ

元々彼のことを話していたら、今の彼のことも、心のどこかでばかにしているのを気付いた。

 

どうせ、どうせ、の卑屈な自尊心の、延長のそのひとを、どうせ、どうせと値踏みしていたのかもしれない。こんなのだめだ。うまくいくはずがなかった。なんとなくわかった。