2/12 アムステルダム

バスで

 

アムステルダム国立美術館

レンブラントフェルメール、ヤンステーン、アルベルトカイプ、このあたりまでガイドさんが解説してくれた。詳しくてとても楽しかった。そのあと、自由時間、ロイスダール、アーフェルカンプ、一点あったホイッスラーに惹かれた。あと、レンブラント肖像画は、やっぱり素敵だった。暗くて、内省的で。ちょっと中2っぽい儚さ。

 

観光、クルージングがつまんなすぎて、そのあとダイヤモンド研磨工場に耐えきれず、しかも朝からツアー放棄してるおじさんがいると聞いて、添乗員に泣きついて先に自由行動にさせてもらう。途中までガイドさんが送ってくれた。

 

ダム広場まで歩いていると、河川をいくつも越えながら歩く街並みが本当に美しいので、やっとアムステルダムに来たのだという実感がわいた。ダム広場からトラム。前日の雪で、美術館広場は雪景色。フランドル絵画そのものだった。国立ゴッホ美術館。カフェでランチ。広場を眺めてゆっくりの時間がとても気持ちよかった。母と一緒に来られてよかった。

 

オーディオガイドを借りて、展示室へ。

 

10年間の、ゴッホの軌跡にとても感動した。最初の展示室で、掴みが強すぎて、涙が出た。暗い農民、試行錯誤、明るい黄色のひまわり、精神病院に入院してから、テオの子どもが生まれたお祝いに寝室にかけるよう送ったアーモンドの絵は、ゴッホが亡くなる年に描かれたものだった。可愛くて、透き通るような水色、すごく瑞々しくてまた泣く。ルドンや周辺画家も多く楽しい美術館だった。オーディオガイドは工夫されていて面白かった。借りてよかった。3hくらいいた。ゴッホと、アムステルダムが好きになった。日曜日で、閉館がはやく、ミュージアムショップで、アーモンドの絵をイメージしたというボールペンを買う。15ユーロくらい。

 

トラムで駅へ戻り、夜ご飯のサンドイッチを買って、集合時間までカフェで待つ。街並みも、駅の夜景もきれいだった。