7/31 野口五郎小屋〜双六

朝はガス。5時半頃出発、みんな優しかった。少しずつ雲が流れてすごくいい天気、槍ヶ岳も見えた。稜線は思ったよりも岩稜だったけどCT通りで水晶小屋、コーヒーを飲んで、迷ったけどデポってパークハント、歩くうちにどんどん晴れた。山頂は気持ちよかった。水晶小屋、鷲羽岳(このあたりすごく気持ちよかった)、三俣山荘、三俣蓮華岳、双六岳は雲の感じが怖かったのと午後はまたすこしガスってしまったので、ピークは踏まずに双六小屋。

 

池の前の広々したテント場は、初めて一人ぼっちでテントを張るわたしに、すごく優しい笑顔で安心しておいでって、言ってくれてるみたいに感じた。

 

夕方、電波をひろいに近くの山を中腹まで駆け上った。夜中に目が覚めてテントをすこし開けると満天の星空で、夏の星はあんまりたくさん瞬くので、図鑑で勉強してもあまり活かされないんだなと思った。遠くの雲が、雷でぴかぴか光っていた。