15歳とヘドウィグ

15歳だったわたしが、すっかりおばさんになって、本物のヘドウィグを観た。何を考えたかは覚えてないけど、もっと大人になってから見たら良かったね。邪魔されるのが嫌だから、映画はいつも家族が寝静まるのを待って、コタツにくるまって、真夜中に観た思い出。

 

もう誰も怒ってくれなくなって、チケキャンで高値になってるのを躊躇なく買って、お芝居っていうか、なんか、ストーリー性の強いライブみたいだった。途中は眠かったけど、1時間半の短い舞台だった。迷ったけど行って良かった。

 

頭の悪い彼氏が、ヘドウィグを、ハリーポッターのフクロウかって聞いてきた。生まれ変わってほしい。