12/5 ディスカレッジ

バカな派遣にいい気にさせてたまるかよと心の底から思った。でも今月はおとなしくしてろみたいな占いがあったから黙ってニコニコした。すごーい、とか言ってあげた。と思ったらリーダーが自分の数字のことばっか話すので少しうんざりした。まあいいけど

 

ディスカレッジだと思ってたって言った女の子の言葉が頭のなかをぐるぐる回った。とんでもなく悪い環境ではないと思う。できないとか分からないは正直に伝えてるし、笑ったり泣いたりも甘えてる。甘えてる自覚は、申し訳ないけど保身でもある。女だし、ずっと無理はできないし、許されるなら嫌な思いはしたくない。リーダーにだって転籍したい夢があって、それも応援したいと思う。裏切られるかもしれないけど、今のわたしにはリーダーの気持ちがわかるし、自分にも利益があるから役に立ちたい。そういうのは、何も間違ってないし、わたしの正義だし、戸惑ったり悩んだりするなりに、誠意を示している、つもりでいる。でも、リーダーの甘えをわたしが受け止めるほど、わたしは器の大きい人間ではない。いつどこに伝わるかわからない言葉はいつか自分に返ってくる。嘘ついて良い人のふりしても、馬鹿正直でも、いいこと悪いこと、ちゃんと返ってくる。