12/23

面接のとき話したことと何の矛盾もないし、嘘ついたり本音で話したりも自分のためって胸を張れる。だから他人に何を言われても平気って思ってたけど、二次会で隣に座った理事長から5分くらいお説教されてしまった。なんでこんなときに言うんだよって思ったし、来なきゃよかったって思ったけど、もう二度と来ないなら、早めにちゃんと言ってもらえてよかったのかもしれない。

 

自信ないことも、自分のアウトプットだけは自分で書いたんだから、知ってることだけはちゃんと話さないと損するよって。元気よく笑顔で説明したら、みんな、ああそうかと思うよって。それは、まだポジティブなこと言ってくれてるんだと思う。厳しいけど。精神論だから、詰められると苦しいけど。

 

わかってるけど、わかってても、できないから、自信ないわたしが、自信ないから、いまここにいるんだよ。わたしがいちばん知ってるよ。優しくしてほしい。元気よくしてると、それはそれでまた違うところから叩かれるのも知ってる。

 

誰かによく見られたいための自分ではなくて、穏やかに人生を大切に生きたいと思ってる自分の心がいちばんの正義だよ。

 

安永が、笑顔で話してればみんな味方してくれるって言ってくれたの思い出して泣きそうにになっていた。大丈夫って言ってくれる彼も、そんな上司じゃみんな辞めちゃうの当然だよねって言ってくれた家族も。

 

ちゃんとしなきゃだ。