3/12 なむなむ

知らないおじさんの古ぼけたコートのしつけ糸が気になった。どうでもいい男の子の耳の毛とか、岩で削れた自分の爪とか、どうでもいいんだけど、誰かに言いたい。

 

すごく面白いイタズラを思いついたのに、大人だからやっちゃだめだと言われた。大人だから笑わないといけないって言っていた。だからあなたはつまらないのだと言いたかった。面白いから本気でやるから多様性も許せる。ぼんやりする意識の外側で、わざと誰かの小さな頭のかたちを思い浮かべていた。