4/6 嘘と熱

自分の頑固さが嫌だ、少し浮かれてたのも恥ずかしい、どうせどうせのわたしが、どうせどうせで、こんがらがって言葉にならなくて、うやむやになって、結局何にもなれなかった。素直になれなかった。頭の中が混乱して、なにが本当なのか全然分からなかった。

 

あんまり眠れなくて、お腹もすかなくて、今週のわたしは、いったいなんだったんだろう。

 

まるで何かに取り憑かれていたみたいだ。