5/2 つまんなかった

張り付いたいつもの自分の笑った顔が頭の上に浮かんでた。笑顔も、相槌も、神経経路の運動だ。

 

お風呂場にヤモリンがいる、と言うので手袋つけて救出。素手ではくすぐったいから。キューキュー鳴いて嫌がるのが可愛かった。手の上に乗ったら子どものヤモリンは大人しくて、窓を開けて逃がしたら、サッシのとこで顔を見せてくれた。最近ヤモリンとか蜘蛛とかよく逃がしてる気がする。多分違うとこで優しくしないとバランスがとれない。犬もわたしも母も、まるで誰かが取り憑いているみたい。鬱陶しいのに、時々とても淡い。誰に話してもきっとわかってもらえないけど。

 

我慢できなくてちょっとだけパンを食べたら、お腹が痛くて吐いてしまった。横になっていると体温計をくれたので計ったら7.5分、忙しかったから知恵熱とあと黄体期

 

死ぬ勇気ない。化粧しないで生きる勇気ない。他人の目が全身全霊で気になる。バレてるんじゃないだろうか。見透かされるのが怖いなら取り繕うのやめたらいいのに。