読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/31 人間ドック、ボルダリング

蕁麻疹出て、なんならちょっと熱もあって、でも頑張って行った朝8時大手町。罰ゲームみたいだった。待合室のカラバッジオ画集はドラマチックで素敵だった。首を切られるホロフェルネスの悲壮な表情は、これから待ち受ける胃カメラの辛さを彷彿とさせた。フェルメール巡礼の本で、アムステルダム国立美術館の予習。人間ドック終わっていつものスンドゥブ、胃炎ですねって言われたので辛さはいっこ増しで我慢

 

帰り道に阿見ロキ。4級は苦戦しつつ、お買い得3級、苦戦したスラブの5級も帰り際に落とせて嬉しい。指皮がまだ甘いからすぐ痛くなる。店員さんの可愛い女の人が優しいから好き。ついつい甘えてしまう。

 

体重を減らさねば。